要注意!iPhoneの画面を割れたまま放置するのは危険!? ︎対処法も解説!

「あっ…!」手からすべってしまいiPhoneの画面がバキバキに……。

こんな経験ありますよね。

私も先日道路に落としてしまい、保護フィルムだけではなく、元の画面までダメになってしまいました。

私もそうでしたが、「まぁ、このまま放置して使ってもいいか」と思っている人もいるかもしれません。

結論、割れたまま放置するのはよくありません。

 

ということで、今回の記事では

iPhoneの画面を割れたまま放置するデメリット
iPhoneの画面が割れてしまったときの3つの対処法

これらについて解説します。

それでは、本文へいきましょう。

 

iPhoneの画面を割れたまま放置するデメリット3

iPhoneの画面を割れたまま放置するデメリットは、以下の3つです。

操作不能になり、データがなくなる
ケガのリスク
修理範囲がどんどん広がってしまう

1つずつ解説します。

 

①操作不能になり、データがなくなる

 

画面のセンサーが反応しなくなってしまったり、画面が見えなくなってしまったら、データを取り出すのが困難になります。

「ちょっと割れてるだけだから……」こんな風に思って、割れたまま使い続けると、割れたところからどんどん破損が広がります。

一度割れてしまうと、耐久性が落ちるからです。

もう一度落としてしまったときに、どうなるかはわかりません。

大事な人と連絡が取れなくなってしまったり、大切なデータが無くなってしまうリスクは、スマホ社会においてかなり大きなリスクです。

「いや、少しだけだし、操作できてるし…」そう考える気持ちもわかります。

ですが、たとえば、パスコードに1が含まれているのに、「1」が押せなくなってしまったら、それだけでロックは解除できなくなります。

そんな少しのことでも、データを取り出せなくなるリスクが潜んでいます。

 

②ケガのリスク

iPhoneの画面が割れたまま使っていると、ケガのリスクが高まります。

「スマホの画面」とはいえ「ガラス」です。

指先を切ってしまう可能性もあります。

画面が一度割れてしまうと、細かい破片がポロポロと落ちてきます。

たとえば

破片が目に入り刺さってしまう
お子さんが触ってケガをしたり、口に入れてしまう
ペットが舐めてしまったり、足に刺さってしまう

考え出すとキリがありませんが、大小さまざまなリスクが考えられます。

 

③修理範囲がどんどん広がってしまう

ガラスの性質上、一度割れてしまうと、耐久性が落ちてしまい、破損が広がりやすいです。

iPhoneはガラスが一番上にあり、その下に液晶や、タッチパネルがあります。

本来であれば、ガラス面の修理だけで済むはずが、割れたまま放置することで、内部の液晶なども壊れてしまう可能性が高まります。

すると、修理の費用も時間も余計にかかることになってしまうので、早めの対処がおすすめです。

 

iPhoneの画面が割れてしまったときの対処法

ここまでは「iPhoneの画面を割れたまま放置するデメリット」についてお伝えしてきました。

ここからは、「iPhoneの画面が割れてしまったときの対処法」について解説します。

対処法は以下のとおりです。

バックアップを取る
自分で応急処置をする
修理のプロに頼む

こちらも1つずつ解説していきます。

 

❶バックアップを取る

いつ操作不能になるかわかりません。

「操作できないし、データが取り出せない……」なんてことになる前に、自分でバックアップを取っておきましょう。

バックアップを取る方法としては

iCloudを使う
パソコンを使う

この2種類があります。

あなたのやりやすい方で構いません。

どちらかの方法でバックアップを取りましょう。

 

❷自分で応急処置を頼む

「修理に出したほうがいいんだろうけど、行く時間がない……」

そんな人は、被害が広がらないように、自分で応急処置をするのも1つの手です。

応急処置の方法としては

セロハンテープなどを貼る
画面保護シールを貼る

あくまでも"応急処置“なので、この程度のことしかできません。

被害を最小にするために応急処置をして、そのあとは、早めに修理のプロに頼みましょう。

 

❸修理のプロに頼む

「修理のプロ」に頼むのが、安全で1番おすすめです。

修理のプロと一口に言っても

Apple Store
キャリアショップ
非正規の修理店

この3種類があります。

それぞれの方法にメリット・デメリットはあります。

安心感を優先するのであれば、正規店であるApple Storeの方がいいです。

しかし、早くて安いのは、非正規の修理店の方です。

たとえば、iPhoneの修理に特化した『アイサポ』は

iPhone修理満足度、4年連続No.1
全国280店舗展開の実績を誇る安心感
修理保証アリ
総務省の「登録修理業者」

このような点から『アイサポ』安くて早い非正規店でありながら、さらには安心感もある、おすすめの修理店です。

かなり多くの地域に店舗展開しているので、画面が割れて気になってる方は、ぜひ『アイサポ』でお近くの店舗情報をご覧ください。

 

まとめ

iPhoneの画面を割れたまま放置するデメリット
割れてしまったときの対処法

これらについて紹介しました。

「まぁこのぐらいならいっか」と放置してしまいがちな、iPhoneの画面割れ。

「放置していたせいで、データがなくなってしまった……」みたいになってからでは遅いです。

現代において、スマホデータを失うことに恐怖を覚えない人はいないでしょう。

大惨事にならないように、iPhoneの画面が割れてしまったら、早めに直しましょう。

直すなら早くて、安い、非正規店でありながら、安心感もある『アイサポ』がおすすめです。